【コラム】ひな祭りの由来は?ひな人形を飾る時期は?【京都もなみ】三島駅・沼津駅・静岡県東部(函南町・清水町・三島市・沼津市・裾野市・長泉町・御殿場市・熱海市・伊東市・南伊豆・松崎町・西伊豆・東伊豆・伊豆の国市・伊豆市・下田市・富士市・富士宮市)

ひな祭りの由来は?
ひな人形を飾る時期は?

 

3月3日はひな祭り。
女の子の成長と幸福を願う桃の節句ですが、その由来はご存じですか?

今回は
●ひな祭りの由来は?
●ひな人形を飾る時期は?

についてお伝えしていきます。

 

 

ひな祭りの由来は?

ひな祭りの由来は諸説あり、そのひとつが中国から伝わったとされる説です。五節句のひとつで、古くは上巳の節句と呼ばれていました。
※五節句:人日の節句(七草がゆ)・上巳の節句(桃の節句)・端午の節句(菖蒲の節句)・七夕の節句(星祭)・重陽の節句(菊の節句)

人形に自分の邪気を流し、その人形を川に流すことで邪気をはらう「流し雛」がルーツと言われているようです。
もともと紙で作られていた人形は、時代と共に立派なものになり、流すものから飾るものへと変わっていきました。
3月3日に女の子の成長と幸福を願う行事として定着したのは、江戸時代頃と言われています。

 

ひな人形を飾る時期は?

ひな人形を飾り始めるタイミングは、これといった決まりはありませんが、節分で厄払いが終わった2月中旬頃が良いとされています。
厄を人形に身代わりとして引き受けてもらう意味からも、ひな祭り当日の1週間前には飾り始めるのがベストです。

片付けるタイミングも決まりはありませんが、厄払いの身代わりとなった人形のため、3月4日以降はなるべく早く片付けるのがオススメです。

地域によっては3月末~4月上旬頃までひな人形を飾る所もあるため、心配な場合は周りに相談してみてくださいね。

 

 

🌸京都もなみの桃の節句PHOTO🌸

■■■期間限定キャンペーン開催中■■■
———————————————————–
通常3000円(税別)の撮影料が
今ダケ 0円!(※プリント料金別途)
———————————————————–

※こちらのキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

詳しくは店頭のスタッフ、またはお電話・WEBにてお問合せください!

函南本店 055-978-5991
サントムーン柿田川店 055-972-1063
スタジオもなみ サントムーンオアシス 055-939-9555
沼津イーラde店 055-954-6623
WEBでお問合せはコチラから

 

京都もなみのYoutubeチャンネルでは、スタジオ撮影写真をご覧いただけます✨
桃の節句撮影♥おひなさまをバックに写真を撮ろう☆
着物のたたみ方など、役立つ情報も公開中!是非ご覧ください😊

 

【Twitter】
キャンペーンも開催!お得情報はコチラ!

【Instagram】
ステキなスタジオ撮影フォトを公開中♥

【LINE】
お得情報やクーポンを配信しております♪

 

静岡県東部(函南町・清水町・三島市・沼津市・裾野市・長泉町・御殿場市・熱海市・伊東市・南伊豆・松崎町・西伊豆・東伊豆・伊豆の国市・伊豆市・下田市・富士市・富士宮市など)を中心に、県外のお客様にも毎年多くご利用いただいております!

着物のレンタル・撮影は京都もなみにお任せください😊
スタッフ一同、お待ちしております!